髪が伸びて嬉しい男性の画像

頭髪外来処方の発毛薬をやめたらリバウンドする?

病気の治療などで、飲んでいた薬をやめた後に症状が再発したり前よりも悪化する現象のことをリバウンドと言います。
このリバウンド現象は、睡眠薬や点鼻薬などで起こることが知られていますが、頭髪外来で処方されている、発毛治療の薬にもリバウンドはあるのでしょうか。
まず、頭髪外来や薄毛治療クリニックで処方される発毛のための薬にも、いくつかの種類があります。
それは、男性型脱毛症(AGA)の治療薬である、フィナステリドを配合した飲み薬や、ミノキシジルを配合した外用薬などです。
フィナステリドはAGAの進行遅延効果を持つ薬なので、もしも飲むのをやめれば症状が再発し、抜け毛が増えたり薄毛化が進むのでリバウンドがあると言えるのかもしれませんが、これは薬によって抑えていたAGAの症状がまた起こっているということであるため、以前よりも抜け毛の量が増えたり悪化するかどうかについては個人差があると言えるでしょう。
次に、ミノキシジルは血管拡張作用により頭皮の血行を良くしたり、毛母細胞に直接働きかける作用で発毛を促す薬となっており、男性だけでなく女性の薄毛にも効果が期待出来る薬です。
ミノキシジルの使用をやめた時にリバウンドが起こるかどうかについては、フィナステリドと同様に使用をやめると以前の状態に戻るため、発毛効果は止まってしまいます。
人によってはミノキシジルの使用によって増えた分の髪が徐々に抜けてしまうため、リバウンドしたと感じることもあるようです。
このように、発毛治療に使う薬はほとんどのものが、継続して使用することで発毛効果を維持出来るタイプとなっています。
薬を使い続けると体への影響が心配という人もいるでしょうが、頭髪外来では血液検査などで患者さんの体調をチェックしながら治療を行う所がありますので、全体的な健康にも気を使いながら、気長に発毛治療を続けて薄毛の悩みを改善していきましょう。